Painting

 

 

 

 

 

 

ヒトはどうして、自分と同じ(ように見える)ものを好み、良しとするのか。違いを恐れ、排除しようとするのか。誰一人として、同じ人生を歩み、同じことを考える人はいないのに。

私が「形」に興味を持った20歳の頃はそんなことばかり考えていた。他者から浴びせられる偏見や同調圧力に嫌気がさしていた頃だった。

ある時、丸石の形成はヒトの人格形成と似た部分が多いことに気がつく。

外的作用によって形成される形に、同じものは一つもないのではないか?

 

流動する集合体として。かつ、一つの独立した個体として。

この気づきは私の心を救い、ふっと軽くしてくれた。

私は水の中を流れ、転がり進む中で生まれる「形」を描いている。ただ祈るように。

©misa_shinshi